コラム

2015-12-20

室内写真の撮り方、明るくキレイに撮影するコツ

室内の写真をキレイに撮るのは難しいと考える方は多いと思います。暗すぎたり、平面的になってしまったりと、思い通りに撮影できないことも多いかもしれません。
しかしあまり難しく考える必要はありません。撮影条件が限定されている室内で明るくキレイに撮るコツがあります。

明るいレンズを使う、垂直水平を意識する、撮りたいものを絞る。これらに気をつけるだけでも室内をキレイに撮影することができるようになります。
屋内撮影の条件はさまざまなので、一概にこれだというマニュアルがありません。コツを掴んで臨機応変にいろいろ試してみることが大切です。

お部屋などの室内写真の撮り方のポイント


太陽光のある屋外と異なり、部屋などの屋内写真の撮影は光源の確保が不可欠です。またレンズも部屋に合ったものを選ぶ必要があります。屋内が暗い場合は明るめのレンズを使用することが一般的ですが、標準レンズより広角なレンズを使用して撮影することで屋内空間をより広くみせることができます。

また実際の撮影の際には、部屋の角から対角線上の位置にカメラを設置し構図を決めることで、縦空間と横空間に立体的な広がりが生まれます。忘れがちですが、被写体がきちんと垂直、水平になっているかしっかり確認しましょう。
撮影時には窓の位置にも注意し、逆光などで暗くならない時間帯を選ぶのもコツですが、照明機材やレンズで自然な明るさを演出することが大切です。

何にポイントを置くかで写真の印象はがらりと変わる


まず、室内写真を撮影する時のみに限らず、写真撮影の際には何に一番ポイントを置きたいのか考える必要があります。空間を広くみせたい、家具を強調したい、テーブルコーディネートに注目したい、部屋全体の雰囲気を重視したい、など撮影の目的はさまざまです。
何を一番にみせたいのか、目的によって構図、配置、ライティングなど撮影方法は大きく変わります。

目的を無視した写真は印象が薄く何を訴えたいのかわからない、いわゆる「伝わりにくい写真」 になってしまいます。何を撮るかだけではなく「どう撮るか」はプロのセンスと技量が問われる重要なポイントです。
被写体がたとえ無機質なものであっても、撮り手の技術と個性が発揮されるので誰が撮っても同じような写真にはならないのが興味深いところです。

迷ったらいろいろな撮り方を試すことが大切


限られた空間の中で屋内写真を撮影する際、横位置と縦位置で印象は大きく変わります。天井が高い部屋を横位置で撮るのと縦位置で撮るのとでは、同じ部屋でも受ける印象は全く変わってきます。

天井が高い部屋の場合、縦位置で撮影した方が高さが伝わるスッキリとした写真になります。また、目線の高さで撮るのと、腰を低くして撮るのとでも写真のイメージは大きく違ってきます。天井が高い部屋は腰を低くして撮影するとより空間の吹き抜け感を出すことができます。

迷った場合、縦位置、横位置の両方で撮影してみること、またカメラの高さ、対象との距離を試す必要があるといえます。伝えたいポイントにぴったりの撮り方をみつけるためにいろいろと試してみましょう。

この記事を書いたプロ

マジックアワー

カメラマン 西川正志

石川県金沢市旭町2丁目9-19 [地図]
TEL:090-2378-8563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
西川正志 にしかわまさし

出張撮影のノウハウを知り尽くしたカメラマン(1/3)

金沢と七尾に拠点を構えているフォトオフィス「マジックアワー」の西川正志さんは、スタジオ外での出張撮影を得意とするカメラマン。26年間の豊富なキャリアを生かしながら、常にベストを尽くして感動の瞬間を捉えています。言葉を選びながら落ち着いて...

西川正志プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

ベストな一枚を撮るために築き上げてきた豊富な経験が強み

会社名 : マジックアワー
住所 : 石川県金沢市旭町2丁目9-19 [地図]
TEL : 090-2378-8563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2378-8563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西川正志(にしかわまさし)

マジックアワー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
住宅写真の撮り方、トイレ・浴室・洗面台撮影のコツ

住宅写真を撮影する際、トイレや浴室、洗面台などの狭いスペースでの撮影はどうすれば上手に撮れるでしょうか。...

[ 建築写真の撮影方法 ]

マンション外観撮影のコツは垂直水平を意識すること!

マンションなどの建築物の外観などの撮影は、プロの知識と技術があってこそです。しかし、コツをつかめば誰でも比...

[ 建築写真の撮影方法 ]

建築写真の上手な撮り方のポイント

まず初めに建築写真では、十分な明るさ、ぶれ対策、垂直水平、目線の高さをしっかり意識することが大切になります...

[ 建築写真の撮影方法 ]

一眼レフで室内撮影した写真がぶれる時の2つの対策

暗い室内で、撮影した写真がぶれてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。ぶれには「手ぶれ」と「被...

[ 建築写真の撮影方法 ]

暗い室内での撮影、キレイに撮るには?

光が限られる暗い室内でキレイに撮影することは簡単ではありません。一見明るくみえる屋内でも、写真撮影のために...

[ 建築写真の撮影方法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ