>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2016-05-19

ドアに込められたメッセージ

先日、事務所近くのフレンチレストランでランチをいただいた時のこと。

木の無垢材でできた頑丈そうなドアには、
中央に横一文字にドアの取手が取り付けられていました。
つまり完全にシンメトリーのドアだったんですね。
何気に右手で取っ手を引いたところ、
ドアの右側が開いて、腕がクロスした格好になりもたついてしまった。
腕がこんがらがったみたいな無様な格好で入店することになってしまった。
たまにはいいお店で美味しいランチをと考えていたのに、
なんだか出鼻をくじかれたような気分になった。

「なんだよ、この店!どうせ格好ばっかりで、物事の本質がわかってないんじゃない。
料理だってきっと雑な仕事しかしてないから、期待できないね」と心の声。
店は意外と混んでいて、空いているカウンターを勧められた。

カウンターに座って本日のランチを注文し、料理を待っている間、またドアのことを考えた。
ドアって開く方向って決まってるんだっけ?
なんでぼくは、左側が開くって思っていたのだろう?

そこで、事務所のドアのことが急に思い浮かんだ。
弊社の玄関ドアは、室内から外に出るとき左側にドアノブがあり、押開けるタイプなのだが、時々、これを思いっきり引く人がいる。または、押し開けているが体がつんのめっている人がいる。それが結構な確率なのだ。
また、意識は美容室のドアに移る。
行きつけの美容室のドアも、出るときにいつも引っかかる。
あれは、右側にノブがあるタイプで、いつも左手で押し開く。
ただしこのドアは、ノブの構造が不自然で、一旦手前に引くので、なんとなくギクシャク行きつ戻りつ─3歩進んで2歩下がる─してしまう。
そもそもドアのノブの位置って決まりがないの?

そんなことを考えていたら、料理が運ばれてきた。



アミューズとしてズワイガニのクリームチーズ添。
「あれ、めっちゃ美味いやん!クリームチーズとカニ味噌をムース状にしてて、しかもズワイガニこの季節なのに水っぽくなくて、身がぷりぷりしとるやん」。嬉しい誤算です。
そのあとも、オードブルのイワシのごま仕立てのフリッター、メインのタイのパイづつみ、デザートのいちごのムーズもしっかりとホールのいちごから作ったもので種のつぶつぶの食感が最高なのです。ランチなんだからって市販のアイスクリームなんかで手を打たない。
「すばらしい心遣い。ご主人、堪能させていただきましたぞ」思わず心で合掌。

これだけ素晴らしい心遣いのオーナーさんが、どうしてあのドアなの?疑問は深まるばかり。

事務所に帰っても、そのことが気になってしょうがない。
いろいろとドアを試してみては、検証する。
ドアの開く方向は、特に決まりはないようで、階段の位置や、開いた先の空間の都合によって決まることが多いようです。
だけど!なんの制約もないなら、左側にノブがある場合は引く、右側にノブがある場合は押す。これが、右利きの人には最も自然であることがわかりました。
基本的に左腕のほうが力が入りにくいため、重い玄関ドアなどを引くと余計重く感じてしまう。左手で押す場合には、腕を固定して体ごと預けることができるので腕力の弱さをカバーできるのです。
さらに左手でドアノブを握るには右側にドアノブがなくてはならないので、必然右側のノブは押し開け、その裏側からみると左側ノブで引き開けることになるわけです。
なかなかの理論じゃないの。
「というわけで、うちの事務所のドアは逆開きなんや。だから、みんな開けづらそうにしてるというわけ」鼻息あらくスタッフに力説してご満悦状態。

「ちゅうことは、やっぱりレストランのドア、逆開きやん!」
いやいや、あれだけきちんとした仕事をなさるご主人のこと、何か考えがあって逆開きにしているはず。
しばし、レストランの様子を思い浮かべてみる。自分がいたカウンター席には、中年の男の人が2人。テーブル席は、4卓あって2人掛が2つと、4人掛が2つ。
そして、はたと気がついた。
そもそも、この店のターゲットって夜のカップルなんじゃないの。
とすると、店に入るときは男性がドアを開けて女性をエスコートする。
そうすると、右側のノブを右手で引くほうがスマートに誘うことができる。
あのレストランのドアは、エスコートドアなんだ!
あのご主人なら、そこまで考えているはず。丁寧な料理を思い出すにつれ、確信に変わった。
うむっと納得するか、考え過ぎなんじゃないって一笑に付すか、それはアナタ次第ですが。

-----------------------------------------
■3年で利益を2倍にする「戦略社長塾」の体験教室を開催します!

経営を体系的に学びたい
そう考えている中小企業の経営者は意外と多いようです。
しかし、簿記や会計を教える学校はあっても、
地域・客層対策、営業対策、商品対策、組織対策など
経営全体を体系的に学べる場所は見つかりません。

経営戦略を学ぶことは、経営する上での基準を身につけることです。

基準が身につけば、経営をしていく上で迷いがなくなります。

戦略社長塾は少人数で経営戦略を研究する寺子屋方式の勉強会です。
一緒に学んで実践すれば地域No.1企業にきっとなれます。
No.1になると会社が変わり、人生が変わります!

今回、戦略社長塾に興味はあるが、どんなことをやっているのか分からない。
そのように迷われている方を対象に体験教室を開催いたします。
興味がある方は、是非、お試し下さい!

と き:6/2(木) 午後7:00〜午後9:00
ところ:パブリック・イメージ
    (金沢市新神田2-13-21 第二城南開発ビル202)
受講料:無料(ただし、テキスト代1,600円が必要です)

お問い合わせ・詳しくはこちらを御覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
儲かる営業の仕組み作り!
ランチェスター理論に基づいた営業戦略はこちらをご覧下さい。
No.1集客営業コンサルタント by 竹田ランチェスター経営
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

パブリック・イメージ [ホームページ]

経営コンサルタント 森崇哉

石川県石川県金沢市新神田2-13-21第二城南開発ビル202 [地図]
TEL:076-287-0617

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービスメニュー

テスト

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
森崇哉 もりたかや

クライアントを地域No.1の企業にしたい(1/3)

金沢市にある「パブリック・イメージ」の代表、森崇哉さんは、経営者の哲学を見える形で世に伝え、顧客を生み出すプロ。「なぜ売上が上がらないのだろう?」と悩む中小企業が進むべき道を指し示す集客・営業コンサルタントです。師事していた松岡正剛氏の...

森崇哉プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

コピーライターとして長年培ってきた取材・編集・表現力が強み

会社名 : パブリック・イメージ
住所 : 石川県石川県金沢市新神田2-13-21第二城南開発ビル202 [地図]
TEL : 076-287-0617

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-287-0617

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森崇哉(もりたかや)

パブリック・イメージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

森ランチェスターを学び、実行し利益を2倍にして見せます!

私は創業して今年で14年経ちますが、これまで経営者の勉強と...

N.H.
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
戦術業務に忙しい社長にこそ、戦略★社長塾がオススメです。
イメージ

社長の仕事は、一定した物ではなく、会社の規模で決まります。つまり、社員の人数によって社長の役割は変...

[ 経営計画・改善 ]

差別化 どうして売れてる会社の真似をしたがるのか
イメージ

経営力の小さな会社は、「差別化」の戦略をとらなければならない。ランチェスター戦略を知らない方でも、だれ...

[ 差別化 ]

市場占有率(クープマンの目標値)①
イメージ

ランチェスター法則を経営戦略に応用するにあたって、市場占有率は重要な意味を持つ。コロンビア...

[ 経営計画・改善 ]

ランチェスター経営と言えば、No.1主義(ナンバーワン主義)。
イメージ

ランチェスター法則によれば、同じ武器性能(経営効率)であれば、兵力数(経営力)が大きいほど有利になりま...

[ 経営計画・改善 ]

季節の欲求キーワードで夏にココアを売る!コピー作戦
イメージ

季節性のキーワードというのがあります。現代の季語のようなものですね。たとえば6月だと、美肌、UV(紫外線...

[ 商品戦略 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ