>   >   >   >   >   >  遺産相続争いの実態

コラム一覧 :遺産相続争いの実態

1件~13件(13件)

「全財産を愛人に相続させる」という内容の遺言が出てきたらどうすればいい?

 滅多にないとは思いますが、万が一「愛人に全財産を相続させる」という遺言が出てきた場合、相続人としてはどのように対処すればいいのでしょうか? 死亡した時点で遺産が全くないか、とてもわずかであるような場合には、「放っておく」という選択肢も、一応はありえます。また、借金などマイ... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2014-01-24

事実婚の夫婦では相続できない?

 前号では、「妻以外の女性」との間で産まれた子についての、相続に関するお話しをしました。また、「妻以外の女性」といっても、いわゆる「愛人関係」や「不倫関係」以外に、「内縁関係」や「事実婚」のように、外見上は夫婦として暮らしているが、籍は入れていない場合についても触れました。 ... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2014-01-17

被相続人の死後に隠し子の存在が判明したら?

 前回は、前妻の子と後妻の間での、遺産分割の難しさをお伝えしました。なお、前号では話を簡潔にするため、被相続人と前妻の間には子がいるが、後妻との間では子がいない場合でのお話しでしたが、後妻との間の子がいる場合にも、同様の難しさがあることはご想像できるかと思います。 さて、今... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-12-27

相続人が前妻の子と後妻さんの場合には?

 民法では、亡くなった方(被相続人)に子がいる場合には、相続人は配偶者と子になります。法定相続分は配偶者が2分の1、残りの2分の1を、子が人数によって分けることになります。たとえば、父が死亡し、母(父の妻)と長男、二男がいるときには、法定相続分は母が2分の1、長男が4分の1、二男も4分... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-12-20

経営者のための相続対策は?

 遺産相続の対象となる財産は、現金、預貯金、不動産などはもちろんですが、それ以外に株式や事業用の資産、債務(借金)なども含まれます。したがって、自営業者や会社のオーナー経営者の方は、自分や家族が個人として保有・使用している資産(家計用の現金、預貯金や自宅不動産)の相続以外に、... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-12-13

親の介護で苦労した子は、相続で報われるか?

 前回、相続人が二人の姉妹であり、姉は結婚して他家に嫁いでいったが、妹は独身のまま実家に残り、親の面倒を看ていた。その後父母が相次いで亡くなり、遺産相続の話になったが、妹は「お姉さんは嫁入りの時や家を建てるときに親から多額の生前贈与を受けているので、残った遺産は私が相続したい... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-12-06

遺産相続では、生前贈与を受けた分も計算しなければならない?

 あるところに、二人の姉妹がいました。成人してから、姉は結婚して実家を出て行きましたが、妹は独身のまま実家に残り、親の身の回りの世話をしながら歳をとっていきました。一方、実家から遠く離れた家に嫁いでいった姉は子供も出産し、平凡ながらも幸せに生きていましたが、不景気で夫の給料が... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-11-29

民法の法定相続分は守らなくてもいい?

 日本の民法では「法定相続人」と「相続分」が定められています。例えば、亡くなった方に配偶者と子供が2人いる場合には、法定相続人は配偶者と子供で、法定相続分は配偶者が2分の1、残る2分の1が子供の分になり、それを子供の人数で割りますので、子供が2人の場合には各々4分の1ずつとなります。... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-11-22

二次相続が要注意!

 前回のコラムで、遺産の内訳として故人の土地建物が大半を占め、現金や預貯金が少ないケースでは、遺産相続で揉めやすいという事例を紹介しましたが、これは「二次相続」の場合に特に多いです。「二次相続」とは、例えば、まず父親が先になくなって相続が発生し(一次相続)、その後母親が亡くな... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-11-11

おもな遺産が自宅しかないと揉めやすい?

 遺産相続で揉めやすい典型例は、以下のようなパターンです。 亡くなった母親Xには、長男Aと次男Bがいます。父親Yはすでに亡くなっています。母親Xの財産は、夫(父Y)から相続した自宅の土地建物が合計で2000万円ほど、その他には現金と預金の合計が200万円ほどで、他にめぼしい財産はありませ... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-11-01

遺産相続の話に周りの人が口を出すと・・・

 遺産相続を巡るトラブルで割と多いのが、相続人自身ではなく、その親族が遺産相続に口を出して、話がまとまらなくなるケースです。例えば、母親が亡くなり、相続人が兄と弟の2名のみの場合に、兄弟間では遺産分割の話がまとまりかけているところ、互いの奥さんが口出しをして、話がこじれてしまう... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-10-25

遺産相続の話は、誰から切り出すのが良いか?

 遺産相続の話を切り出すタイミングは、なかなか難しいと思いますが、比較的多いのが、この四十九日の時だと思われます。故人が亡くなった直後は、遺族は葬儀などで忙しいですし、役所への届出やあいさつまわりなどで精神的あるいは時間的な余裕がないでしょう。また、あまりにも早いタイミングで... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-10-17

遺産相続争いは、一部のお金持ちの問題か?

相続百人一首

 近年、相続の発生件数の増加や国民の権利意識の高まりから、「遺産相続争い」や「借金の相続」など、相続に関するトラブルが増えています。司法統計年報では、全国の家庭裁判所に持ち込まれる相続の相談件数は2010年度で約17万7000件あり、10年前(9万件)の2倍近くまで急増しています。 ところ... 続きを読む

遺産相続争いの実態

2013-10-10

1件~13件(13件)

RSS
著書
相続百人一首

 発売日は2015年1月8日(木)、出版社は文藝春秋です。定価は1300円(税別)です。 遺産相続に関する様々なトラブルを100のテーマに分類し、短歌に...

 
このプロの紹介記事
森欣史 もりよしふみ

遺産相続で失敗しない秘策を伝授(1/3)

金沢みらい共同事務所の司法書士、行政書士である森欣史さんは、遺産相続手続きや遺言書作成支援のプロ。失敗しない相続について解説したブログやメルマガのファンも多い相続手続きのスペシャリストです。出身は愛知県名古屋市。横浜の大学を卒業してから...

森欣史プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

遺産相続に関する分かりやすい説明と的確な業務処理が強み

会社名 : 金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)
住所 : 石川県金沢市小金町8番16号 万石ビル3階 [地図]
TEL : 076-251-5982

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-251-5982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森欣史(もりよしふみ)

金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
遺産相続に関する書籍を上梓(出版)します!
イメージ

 このたび、私、森欣史は、1月8日に、遺産相続に関する書籍を文藝春秋より上梓(出版)することになりましたの...

[ お知らせ ]

遺産相続争いは、一部のお金持ちの問題か?
相続百人一首

 近年、相続の発生件数の増加や国民の権利意識の高まりから、「遺産相続争い」や「借金の相続」など、相続に関す...

[ 遺産相続争いの実態 ]

子のいない夫婦で夫が亡くなると、遺産相続で妻が苦労する?

 前回は、子供のいない「独身の」高齢者が遺言をせずに亡くなると、相続人は兄弟姉妹やその代襲相続人になる可能...

[ 遺産分割協議の不能編 ]

独身の高齢者が亡くなると、誰が遺産を相続するのか?

 今回からは、「遺産分割協議の不能編」に入ります。具体的には、ある方が亡くなって遺産相続が開始したのですが...

[ 遺産分割協議の不能編 ]

先祖のお墓を守るなら財産を譲るという内容の遺言は有効か?

 負担付遺贈では、負担により利益を受ける者(受益者)については特に制限はなく、遺言者の配偶者や子などの相続...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ