>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2014-05-09 

遺言に「これが最後」と書いたら、以降は変更できるか? 

 遺言は、遺言者に遺言をする能力があるうちは、いつでも自由に作成することができますし、すでに作成した遺言についても、何度でも変更することができます。これを「遺言自由の原則」といいます。これとは逆に、遺言者には、「遺言をしない自由」も認められています。したがって、いったん遺言を作成しても、遺言者はいつでも自由にその遺言を撤回することができます。これを「遺言撤回の自由」といいます。

 これは、遺言者が遺言を作成してから死亡するまでの間に、不動産を売却したり預金を開設・解約したりするなど、その財産の中身が入れ替わることや、遺産を譲るつもりであった人が自分よりも先に死亡したり、自分と不和になったりすることもありえるためです。このような場合に、遺言を作成したら変更や撤回ができないとすれば、それは遺言者にとって酷なためです。さらに、遺言者の最終の意思を尊重するという考え方にも基づいています。

 ただし、遺言が変更あるいは撤回されたかどうかは、相続人や受遺者などの利害関係者にとっては重大な問題なので、明確に判断されないといけません。そのため、遺言を変更する場合はもちろん、撤回する場合についても、単に「遺言を撤回する」と口頭で告げたり日記に書いたりするのではだめで、きちんと民法が定める遺言の方式によって行う必要があります。もっとも、すでに作成された遺言を撤回する際には、その撤回する遺言を作成時と同じ方式で行う必要はありません。例えば、すでに作成した公正証書遺言を、あとから自筆証書遺言で撤回することも可能です。

 しかし、現実には、遺言で特定の人に特定の財産を譲ると書いた場合には、それを撤回したり、対象となる財産を処分したりすることは、もはやできなくなってしまうと誤解をされている方も、意外に多いようです。遺言は遺言者が死亡して初めて効力を生じるものなので、遺言者の生前には何人もいかなる権利も取得していません。したがって、新たに別の人に財産を譲る内容の遺言を作成することも、対象となる財産を売却することも、本人が自由にすることができます。

 では、遺言者が遺言の中で「最終の遺言である」旨を記載していた場合や、「自宅をAに遺贈する」という遺言を作成後に、Aとの間で遺言を撤回しないという約束をしていた場合には、どうなるでしょうか? 

 民法1026条では、遺言の撤回について、「遺言者は、その遺言を撤回する権利を放棄することができない。」と定めています。したがって、遺言者が遺言の中で「これが私の最後の遺言であるので、今後は変更や撤回はしない。以降に書いた遺言はすべて無効である」と書いたとしても、これに縛られることなく、新たに遺言を作成することができます。遺言を撤回しない約束についても同様です。つまり、遺言に「ファイナル・アンサー」はないということです。

 ということは、例えば、遺言者と愛人関係になっている女性が、遺言者に、「私が死んだらマンションを遺贈する、この遺言は撤回できない」旨の遺言を書いてもらっていて、さらに、その遺言は撤回しないという念書を取付けていたとしても、その遺言は、少なくとも法律的には、いつでも撤回できるということになります。

 また、遺言者の死後に遺言書が発見された場合に、それが果たして最終の遺言書であるかを確認する方法がないという実務上の問題があります。公正証書遺言であれば、公証役場に遺言の有無を確認することができますが、それ以降に作成された有効な自筆証書遺言が発見されれば、そちらの方が優先します。まして、自筆証書遺言が発見された場合には、それが本当に最終の遺言書であるかどうかを確認することは、難しいのが現実です。

 したがって、特に自筆証書遺言を作成する場合は、最終の遺言がどこに保管されているかを、きちんと誰かに伝えておくなどの配慮が必要です。

この記事を書いたプロ

金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所) [ホームページ]

司法書士 森欣史

石川県金沢市小金町8番16号 万石ビル3階 [地図]
TEL:076-251-5982

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書
相続百人一首

 発売日は2015年1月8日(木)、出版社は文藝春秋です。定価は1300円(税別)です。 遺産相続に関する様々なトラブルを100のテーマに分類し、短歌に...

 
このプロの紹介記事
森欣史 もりよしふみ

遺産相続で失敗しない秘策を伝授(1/3)

金沢みらい共同事務所の司法書士、行政書士である森欣史さんは、遺産相続手続きや遺言書作成支援のプロ。失敗しない相続について解説したブログやメルマガのファンも多い相続手続きのスペシャリストです。出身は愛知県名古屋市。横浜の大学を卒業してから...

森欣史プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

遺産相続に関する分かりやすい説明と的確な業務処理が強み

会社名 : 金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)
住所 : 石川県金沢市小金町8番16号 万石ビル3階 [地図]
TEL : 076-251-5982

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-251-5982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森欣史(もりよしふみ)

金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
遺産相続に関する書籍を上梓(出版)します!
イメージ

 このたび、私、森欣史は、1月8日に、遺産相続に関する書籍を文藝春秋より上梓(出版)することになりましたの...

[ お知らせ ]

遺産相続争いは、一部のお金持ちの問題か?
相続百人一首

 近年、相続の発生件数の増加や国民の権利意識の高まりから、「遺産相続争い」や「借金の相続」など、相続に関す...

[ 遺産相続争いの実態 ]

子のいない夫婦で夫が亡くなると、遺産相続で妻が苦労する?

 前回は、子供のいない「独身の」高齢者が遺言をせずに亡くなると、相続人は兄弟姉妹やその代襲相続人になる可能...

[ 遺産分割協議の不能編 ]

独身の高齢者が亡くなると、誰が遺産を相続するのか?

 今回からは、「遺産分割協議の不能編」に入ります。具体的には、ある方が亡くなって遺産相続が開始したのですが...

[ 遺産分割協議の不能編 ]

先祖のお墓を守るなら財産を譲るという内容の遺言は有効か?

 負担付遺贈では、負担により利益を受ける者(受益者)については特に制限はなく、遺言者の配偶者や子などの相続...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ