>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2014-10-31

独身の高齢者が亡くなると、誰が遺産を相続するのか?

 今回からは、「遺産分割協議の不能編」に入ります。具体的には、ある方が亡くなって遺産相続が開始したのですが、相続人同士で特に遺産の分配を巡って争っているわけではないのに、さまざまな理由によって遺産相続の手続きが進まないという事例を、いくつかご紹介いたします。

 さて、ある大正生れのおじいさんが、88歳で亡くなりました。このおじいさんは生涯独身で、子供もいませんでした。父母や祖父母は先に亡くなっていましたので、相続人は兄弟姉妹(およびその代襲相続人である甥や姪)となります。そして、このおじいさんは六男三女の九人兄弟の六男でしたが、長男、二男、長女、三男、四男、二女、五男は、すでに亡くなっていました。亡くなった兄弟姉妹のうち6人には、それぞれ子供がいました。具体的には以下の通りで、相続人は計17人いました。

・兄(長男:既に死亡)の子(代襲相続人) 3人
・兄(二男:既に死亡)の子(代襲相続人) 2人
・姉(長女:既に死亡)の子(代襲相続人) 4人
・兄(三男:既に死亡)の子(代襲相続人) 2人
・兄(四男:既に死亡)の子(代襲相続人) 2人
・姉(二女:既に死亡)の子(代襲相続人) 3人
・姉(三女:生存中)
※なお、弟のうちの一人(五男)は幼少期に死亡のため子はいません。

 おじいさんの遺産は自宅の土地建物と預貯金でしたが、おじいさんは遺言を作成していませんでしたので、これらの遺産を誰が相続するかについて相続人全員で遺産分割協議をする必要があります。しかし、相続人が17人もいると、まず全員と連絡をとるだけでも大変です。この相続手続を中心となって行ったのはおじいさんの姉(三女)でしたが、自身も高齢でありなかなか体が動かず、すべての甥や姪らの顔と名前を覚えている訳でも連絡先を把握している訳でもなく、思うように手続をすすめることができませんでした。

 このように、独身で子供のいない高齢者が亡くなると、その直系尊属はすでに亡くなっていることが多いため、相続人は兄弟姉妹となりますが、被相続人が兄弟姉妹のうちの年下の方である場合には、兄や姉も先に亡くなっている可能性が高いため、相続人はこれらの人の子(代襲相続人)である甥や姪になります。特に、戦後の第一次ベビーブームの世代の方が今後亡くなっていくと、兄弟姉妹の人数も多いことから、相続人の人数が多くなり、遺産相続の手続上問題となります。さらに、相続人の人数が多いと言うことは、その中に連絡先が不明であったり、海外で働いていたり、病気で入院している人が含まれている確率が高まります。

 また、法定相続分を主張して譲らない相続人が出てくる可能性もあります。一般に、相続人の人数が多い場合、各人の法定相続分はわずかになりますが、たとえ法定相続分がわずかであっても、遺産分割協議は相続人全員で行う必要があります。なお、判例では預貯金債権は「可分債権」といって、各相続人が遺産分割協議を経なくても法定相続分を相続できるものとされてはいますが、金融実務では相続人全員の署名押印が揃った遺産分割協議書か金融機関所定の書面を提出しないと、預貯金の名義変更や解約ができないことになっています。ちなみに、配偶者も子供もいない高齢者は一人暮らしであることも多いため、その人の財産状態を把握している人間は亡くなった本人以外にはいないということも多いものと思われます。そうなりますと、そもそも、どこの金融機関にどれだけの預貯金があるのかを調査するところから始めなければなりません。

 一方、不動産の場合には、遺産分割協議を経て特定の相続人が相続する方法以外に、法定相続分に応じて相続人全員の共有名義にするという方法もあります。この場合には、相続人のうち一人が申請することでも登記は可能ですが、そうなると、今後の不動産の維持管理や固定資産税の支払いをどのように負担するかの問題や、空き家となった被相続人の自宅を売却する際に、結局相続人全員の同意と売買契約書等への署名押印が必要となるという問題があります。

 こうしたことを防ぐためには、財産を遺す側による遺言の作成などの生前対策が必要となります。しかし、配偶者も子供もいない高齢者の方で、特定の甥や姪などに生活の面倒をみてもらっている場合はともかく、そのような人が誰もおらず、財産を遺したい人もいないと言う場合には、遺言をする動機付けに乏しくなりやすいため、難しいところではあります。

この記事を書いたプロ

金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所) [ホームページ]

司法書士 森欣史

石川県金沢市小金町8番16号 万石ビル3階 [地図]
TEL:076-251-5982

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

43

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書
相続百人一首

 発売日は2015年1月8日(木)、出版社は文藝春秋です。定価は1300円(税別)です。 遺産相続に関する様々なトラブルを100のテーマに分類し、短歌に...

 
このプロの紹介記事
森欣史 もりよしふみ

遺産相続で失敗しない秘策を伝授(1/3)

金沢みらい共同事務所の司法書士、行政書士である森欣史さんは、遺産相続手続きや遺言書作成支援のプロ。失敗しない相続について解説したブログやメルマガのファンも多い相続手続きのスペシャリストです。出身は愛知県名古屋市。横浜の大学を卒業してから...

森欣史プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

遺産相続に関する分かりやすい説明と的確な業務処理が強み

会社名 : 金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)
住所 : 石川県金沢市小金町8番16号 万石ビル3階 [地図]
TEL : 076-251-5982

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-251-5982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森欣史(もりよしふみ)

金沢みらい共同事務所(森司法書士・行政書士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
遺産相続に関する書籍を上梓(出版)します!
イメージ

 このたび、私、森欣史は、1月8日に、遺産相続に関する書籍を文藝春秋より上梓(出版)することになりましたの...

[ お知らせ ]

遺産相続争いは、一部のお金持ちの問題か?
相続百人一首

 近年、相続の発生件数の増加や国民の権利意識の高まりから、「遺産相続争い」や「借金の相続」など、相続に関す...

[ 遺産相続争いの実態 ]

子のいない夫婦で夫が亡くなると、遺産相続で妻が苦労する?

 前回は、子供のいない「独身の」高齢者が遺言をせずに亡くなると、相続人は兄弟姉妹やその代襲相続人になる可能...

[ 遺産分割協議の不能編 ]

先祖のお墓を守るなら財産を譲るという内容の遺言は有効か?

 負担付遺贈では、負担により利益を受ける者(受益者)については特に制限はなく、遺言者の配偶者や子などの相続...

遺された母の面倒をみるなら遺産を与えるという遺言は有効か?

 例えば、「私が死亡したら、自宅は長男に遺贈する。その代わりに、年老いた母さん(遺言者の妻・受遺者の母)の...

[ 遺言の失敗編 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ