コラム

 公開日: 2016-06-29  最終更新日: 2018-02-12

低体温のままでは糖尿病は改善しません!

日頃、低体温は気になりませんか?
低体温を放置していては、血糖コントロールは改善しません。

シリーズ1)あなたが糖尿病になった原因は「栄養素不足」にあった!【糖尿病・原因・栄養素不足】の最終回です。

 日常生活の中で糖尿病を改善させるためには、もう一つ重要な視点があります。それは体温管理です。
糖尿病の方は体温が低いといわれます。
最近は自分で低体温を自覚して相談される方もいらっしゃいますが、なぜ糖尿病だと体温が低くなるのでしょう?
ここにも栄養素が関係していると考えています。

栄養のバランスから低体温を考えてみましょう

かんたんな栄養バランスの考え方をご紹介します。
 飽食の時代の栄養失調でお伝えしたこの三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)とビタミンやミネラルとのバランスの関係を絵であらわしてみましょう。

 次の図の絵とあわせて考えていただきたいのですが、食べた三大栄養素の全量を一番左の黄色のボックス(□)、三大栄養素に見合うビタミンやミネラルの全量を真ん中の緑色のボックス(□)、ここで作られたエネルギーの全量を右の赤色のボックス(□)で表現してみます。

 エネルギー源である三大栄養素(左の黄色のボックス)は、それに見合ったビタミン・ミネラル(緑色のボックス)がないと、すべてをエネルギー(赤色のボックス)に変えることができません。作られたエネルギーは、体の中では「元気」や「体温」といった形に変えられます。健康状態の人を図で書くと(図①)のようになります。

 糖尿病の患者さんの場合、口に入れた三大栄養素とビタミン・ミネラルのバランスが崩れています。これは太っている、痩せているといった体型のいかんにかかわりません。図で書くと(図②)のようになります。

いずれにしても、「摂取した三大栄養素に比べて、ビタミン・ミネラルが不足している」栄養失調の状態がありますから、バランスの崩れをを改善しないと糖尿病も改善しません。

低体温高血糖は、栄養バランスが崩れた状態

糖尿病患者さんはエネルギー源である三大栄養素に対して、とったビタミン・ミネラルが必要量を満たしていません。



そのために、そのビタミン・ミネラルに応じたエネルギーしか作られません。
摂取したビタミン・ミネラルの量が少なければ、体温も低くなってしまいます。
上図のように、炎が小さくなった状態です。

 体温が低く、肥満でなかなか痩せられなかったり、血糖値がなかなか下がらないのは、脂肪を燃焼し、血糖値を下げるために必要なビタミン・ミネラルが不足しているためです。
 ところで、バランスの取れた食事をしようとしても、本当にバランスが取れているのかそうでないのかは、明確にわかるものではありません。
人の体はみな違っているからです。年齢も違えば性別も違いますし、運動量だって違います。基礎代謝も違います。当然、ビタミンやミネラルの必要量も違ってきます。食事だけでは、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足する場合もあるのです。

起床直後の体温を測ってみましょう

午後の体温が36℃台ある方でも、起床直後の基礎的な体温は低い場合があります。
バランスが取れているかどうかの目安として、朝起床直後の体温を計ってみてくださいませんか?

食事の栄養バランスが取れていないと代謝に効果的な体温に上がりません。
低体温の方ですぐに食事内容を変えられない場合は、まずは食べる順序を変えてみましょう。
大好きなご飯はぜったいに食べたい方は、糖質を最後に少量、よく噛んで大切に召し上がってみて下さい。

同時に、不足しているであろう栄養素の補給を考えてみましょう。サプリメントでも構いません。食べたものがエネルギーに変えられれば、体温は上がって元気が出てきますし、睡眠の質も良くなります。
(チェックする表はHP「糖尿病は栄養をとれば健康に戻る」)から無料ダウンロードできます)

 ちなみに、糖尿病であっても、交感神経が過度に緊張しているケースは、朝から体温は高くなります。
ストレスを解除しにくく気合が入りすぎているためです。このような方には、不眠の方や短時間睡眠の方が少なくありません。
また、こうした特徴を持つ方の中には、急に体調を崩してアレルギー症状を起こしたり、花粉症やうつ症状を起こす場合があります。いわゆる電池切れの状態と考えて下さいますか?

 脳に働いてストレスを解くときも、免疫をコントロールしてアレルギーを防ぐときも、精神を健やかに保つためのエネルギー物質を作るときも、同じミネラルが必要ですが、不足状態に陥ると、臓器に貯蔵している分を取り崩して使うため、さまざまな悪影響が体に出てくるのです。

必要なビタミン・ミネラルの補給をご希望の方は、現在の服用薬や検査結果が分かる状態でご連絡ください。
笠原健招堂薬局では、ビタミン・ミネラル剤であっても、ワンクリックで販売する形態はとっておりません。
必要範囲の狭いミネラルもあって、とり過ぎると逆効果になりかねないものもあります。
不足しているであろうビタミン・ミネラルをチェックの上、ご提案しています。

 シリーズ2)では、このシリーズ1)の説明を踏まえて、栄養素と糖尿病との関係をより具体的かつ詳細に迫っていきましょう。
いますぐ改善したい方は、こちらへ糖尿病について

笠原健招堂薬局では体調の詳細を確認した上で対応しています。
ご相談→ご予約・お問い合わせ
HPは→笠原健招堂薬局
糖尿病でお困りの方へ⇒[[糖尿病は栄養をとれば健康に戻る https://www.amazon.co.jp/dp/4766785266

この記事を書いたプロ

笠原健招堂薬局(有限会社笠原) [ホームページ]

薬剤師 笠原友子

石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL:0767-42-2606

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

1.現在服用中の薬が分かるもの 2.最近の血液検査の結果 3.ご相談はご本人が※県外の大変遠方からご来店の方もおられます。ご来店の場合は相談のお時間をご予約下さ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
笠原友子 かさはらともこ

糖尿病に苦しむ患者を一人でも救いたい(1/3)

糖尿病に苦しむ人や、生活習慣病が治らずにお薬ばかり増えていく…といった悩みを抱える人たちから大きな信頼を寄せられている薬剤師が、能登半島の志賀町にいます。笠原健招堂薬局の笠原友子さんです。笠原さんはきょうも店頭に立ち、相談に耳を傾けながら人...

笠原友子プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

薬を使わず糖尿病の改善に取り組む薬剤師

会社名 : 笠原健招堂薬局(有限会社笠原)
住所 : 石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL : 0767-42-2606

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0767-42-2606

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠原友子(かさはらともこ)

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

血糖値の乱高下が安定。安心してゴルフができるようになったよ!

たび重なる仕事のストレスから糖尿病になってしまって10年。 ...

M.H
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
鼻炎薬以外の花粉症対策はご存知ですか?
イメージ

花粉症のシーズンがやって来ました。マスクも鼻炎薬も使わずに花粉症自体を改善する方法があるのをご存知ですか...

[ 漢方薬・栄養補給 ]

糖尿病の方にも安心して飲める鼻炎薬があります。

糖尿病の方が飲んでも、むだに血糖値を上げず、のども渇かず、鼻もツンと来なくて、眠くなりにくい鼻炎薬があるの...

[ 糖尿病・症状・薬 ]

糖尿病は飽食の時代の栄養失調
イメージ

なぜ薬を飲み続けても治らないのか?なぜ悪化し続けて行くのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?薬剤...

[ 糖尿病・原因・栄養素不足 ]

不足したビタミン・ミネラルの補給で高血糖状態改善へ
イメージ

シリーズ1)あなたが糖尿病になった原因は「栄養素不足」にあった!【糖尿病・原因・栄養素不足】の続きです。実...

[ 糖尿病・原因・栄養素不足 ]

肝臓に休息と栄養を! 肝臓の酷使が糖尿病を悪化させる

お盆が明けましたね。お盆が過ぎて、生活コントロール希望の患者さまのご来店が続きます。お盆・正月など、人が...

[ 肝臓に休息と栄養を! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ