コラム

 公開日: 2016-06-26 

「敬老会」に呼んで戴きました。

日曜日の朝、ちょっと離れた地区から呼んで戴いて『敬老会』の集いの講師に呼んで戴いて行って来ました。


対象者、約200名+その世話係やら、婦人会や、来賓の方々

婦人会の余興の前の特別講演と聞いては居ましたが、意外と人数が多くてびっくり!です。

4月から廃校になった小学校校舎を使っての催しで、一面ご老人ばかり(当たり前です)
世話をする方も20歳代は到底見当たりません。


講演タイトルは
『健康で 薬いらずで 長生きする方法』

司会者の方が、『聞く方は聞きたいですけど、こんなこと言って薬局がやって行けるんですか?』
同じことは大学に行っても言われて来ました。

皆さんは、薬を飲み続けたいですか?
私は幼いころ体が弱くて薬が切れなかったので、薬を飲まなくても良い体が欲しかったです。
1人目の出産で死ぬ目に遭いましたが、自力で身体を改善し、その後3人出産して育てました。
我が子を育てられずに亡くなった若い親がいるのなら、その子たちが健康に育つようにして上げたいですし、家族も大変ですから防げる病気は防いでいただきたいと思ってお話ししています。
そのための対策もお教えしていますし、薬局には健康にいるための方法が沢山あるのです。
笠原健招堂薬局は、健康を招くところ(堂)です。

【前置き】のお話は、厚労省の回し者ではありませんが、薬剤師会長らしく医療費削減のお話しをします。
ご高齢者ご本人たちを前にして、言いにくいことをケロケロと、
「仕方のない事でもありますが、みなさん一番医療費を使っている年代です。」と言うと、怒られるかと思いましたが、みなさん妙に納得しておられる顔つきです。


「この医療費を、少ない人数の働き世代で負担しています。
「おまえら若いもんの世話にはなっとらん!」とおっしゃる方々もありますが、医療費の9割は若い世代の出す税金でまかなわれています。子孫の代まで、医療費を残してやってくださいね。」

「うん、うん。」とうなずき、

「健康寿命=自分の寿命にしたいですね。」と言うと、「うん、うん。」とまたまたうなずき、


「飲み残しのお薬はありませんか?」とお聞きすると「ない、ない」と首を横に振っておられたのに、

「もったいないですからね。もらわなくても良い薬はもらわずに済むように!」薬局への残薬持込み用の袋(=石川県薬剤師会で作っているイージーバック)を配布すると
「わかったよ!」とばかりに、袋を手に取って妙に得心顔。


まったく一見素直なご高齢者たちです。
この後どのような行動を取られるかは、近隣の薬局に山ほどの残薬が持ち込まれて、薬局から悲鳴が上がるかどうかで分かります。
次回の薬剤師会合同会議は私は欠席予定ですから、その次の会議で聞くことに致しましょう。

本題の【健康で 薬いらずで 長生きする方法】は、
私の著書「糖尿病は栄養をとれば健康に戻る」(経済界)に書いてある内容を老人向けにお話ししました。

人は高齢になるだけでも、高血糖になりやすくなります。
その上たくさんの薬や酒を飲んでいる方はなおさらです。

見るからに、平均年齢80歳くらいの方々を前に、ちょっぴりメカニズムに迫った話を展開する暴挙とも言える内容ですが、なるべく短くしたせいか、もしくは「栄養不足じゃ眠れない」などと身近な話題に迫ったせいか、小1時間の話の中で寝る人もほぼ無く、ほんとうに静かにうなずきながら最後までお聞きいただいて恐縮でした。

田舎は(全国的でもありますが)支える世代が少ないので、高齢者が元気でいていただくだけで若者世代への孝行になります。

天寿を全うしていただくまで、健康的にいたい方はご相談ください。

笠原健招堂薬局は、健康でいたい方、病気であっても一歩でも健康に戻りたい方を応援しています。
ご来店の際は、お電話かメールでご相談時間をご予約ください。

ご相談ご予約は、こちらへ→ご予約・お問い合わせ
笠原健招堂薬局のホームページは、こちら→笠原健招堂薬局

この記事を書いたプロ

笠原健招堂薬局(有限会社笠原) [ホームページ]

薬剤師 笠原友子

石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL:0767-42-2606

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

1.現在服用中の薬が分かるもの 2.最近の血液検査の結果 3.ご相談はご本人が※県外の大変遠方からご来店の方もおられます。ご来店の場合は相談のお時間をご予約下さ...

 
このプロの紹介記事
笠原友子 かさはらともこ

糖尿病に苦しむ患者を一人でも救いたい(1/3)

糖尿病に苦しむ人や、生活習慣病が治らずにお薬ばかり増えていく…といった悩みを抱える人たちから大きな信頼を寄せられている薬剤師が、能登半島の志賀町にいます。笠原健招堂薬局の笠原友子さんです。笠原さんはきょうも店頭に立ち、相談に耳を傾けながら人...

笠原友子プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

まちかどにある薬局で気軽に健康相談ができる敷居の低さが強み

会社名 : 笠原健招堂薬局(有限会社笠原)
住所 : 石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL : 0767-42-2606

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0767-42-2606

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠原友子(かさはらともこ)

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
朝一で、生活改善を確認に来た方がありました。

スタッフの産休&育休&病気による時短勤務で、更新のままならない秋を過ごしていますが、今朝の朝一のお客さま...

[ 糖尿病は栄養をとれば健康に戻る ]

子育て支援メッセで、参加者に糖尿病検査をして来ました!
イメージ

10月30日の日曜日、前日の雨が何だったんだ~と言う位の良い天気に恵また中、子育て支援メッセいしかわ2016にブー...

[ 日常の活動 ]

【お詫び】 「ホームページ」ただ今復旧に取り掛かっております。

【お詫び】春先からホームページの不具合が続いておりましたが、10月3週頃より完全閉鎖状態となっております。...

[ 日常の活動 ]

10月30日(日)「子育て支援メッセいしかわ2016」で糖尿病検査を実施します。
イメージ

地域貢献として【未来への絆プロジェクト】の事務局もしています。未来への絆プロジェクトは、学校薬剤師として...

[ セミナー・講演会情報 ]

空腹こそ健康への道~肝臓に休息と栄養を!
イメージ

肝臓に休息と栄養を!の6回目です。前回は、「過剰な糖分は、内臓脂肪に」と言う話しでした。出来ることなら、...

[ 肝臓に休息と栄養を! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ