コラム

 公開日: 2016-05-25  最終更新日: 2016-05-26

今こそ読んでいただきたい本です。

新潟の読者の方から便りが来ました。
もう本を出して4年も経っていますが、新潟の書店の店頭ににある!と言う写真つきの便りです。
本を置いてくださっているのは、新潟駅前のジュンク堂さんです。

沢山置いていただいて、ありがとうございます!

ジュンク堂さんが、この春の法改正もご存じで置いて下さっているのだとしたら素晴らしく☆&嬉しいです♪

この本は4年前、糖尿病をはじめとする生活習慣病の方の行動が変容し、自分で改善していっていただくことを願って書きました。
糖尿病の改善には、薬局も薬剤師も少しはお手伝いできることが、本を読んでいただいた方には分かっていただけるかもしれません。
HbA1cが改善した!正常範囲に落ち着いたままいる!と言う読者の方々からの感想は本当に嬉しいものでしたし、
意外と開業医の先生方からの反応をいただきました。
よく書いた!患者に生活指導しやすい!とおっしゃって下さるのです。

薬局薬剤師が存在する位置は、糖尿病の研究者や病院の医師よりもより患者に近いところにあります。
研究者の先生方の研究されていることは、一般の患者にはよく理解ができませんから、薬局薬剤師として翻訳者となって病気や生活習慣をわかりやすく伝えて理解してもらい、療養の支えとなればと思って書きました。

が、出版した当時の状況では、処方箋を応需している薬局が患者に手を出すと言ったら聞こえが悪いかもしれませんが、アドバイスするだけならともかく漢方薬やサプリメントを使って改善していただくことには、改善を願う患者にとっても困難が付きまといました。
私の友人もそうでしたが、医師からは処方薬以外は止められることが多いのです。
彼女は栄養素補給で血糖コントロールが改善した経験を持っていましたが、医師の反対で中断したまま、50歳の若さで亡くなりました。
それも「血糖値が下がらないのは、あなたの努力不足だ」と言われたまま、息子の誕生日にです。

この本は患者の行動が変わることを願って書きましたが、行動が変わったのは患者だけではなかったかもしれません。
出版直後から当時の日本薬剤会長や厚生労働省の方にも読んでいただいていました。
その後、法改正が続いています。

この4月から始まった「かかりつけ薬局制度」「かかりつけ薬剤師制度」、
この10月から始まる「健康サポート薬局制度」
患者の皆さんが薬局薬剤師に健康相談し、患者自らが生活の中で改善していくという当たり前のことが明文化されました。
セルフメディケーションの推進です。

医療費が増大していて、患者が自分で元気になって行ってもらわないと困るという台所事情もないわけでもないでしょう。
1人当たりの医療費は、生活習慣病、糖尿病、腎症と増えるごとに増大して行きます。



糖尿病は侮れない病気です。
たとえ血糖値が正常範囲に落ち着いても、いったん筋肉や筋にこびりついた糖は、代謝回転が遅い場所ほど長期にわたって影響を与えます。
筋肉や筋にこびりついた糖化物質は、15年たたないと無くならないと言います。

生活習慣病なのですから、薬に頼っていてもずっと薬を飲まなくてはいけないだけです。
自分で健康になって行ってください。

も一度言います。糖尿病は侮れない病気です。
薬の服用が要らないレベルであっても、定期的に検査に行って自分の体の状態の把握をしましょう。

日本の医療制度は優秀です。
自ら起こした病気にも、今のところ公平に医療費が負担されています。

糖尿病は全世界的に増えている病気で、研究が日々重ねられています。
研究者の方々は、本当に細かく詳しい研究をなさっていますから、薬局薬剤師の言うような丸く雑な言い方は出来ません。
代わって丸く伝えています。

若い世代の人口は一気には増えません。
健康でいることは、何よりの財産です。元気でいましょうね。

健康でいたい方、健康に戻りたい方を応援しています。
ご相談→ご予約・お問い合わせ
HPは→笠原健招堂薬局
糖尿病でお困りの方へ⇒[[糖尿病は栄養をとれば健康に戻る https://www.amazon.co.jp/dp/4766785266/

この記事を書いたプロ

笠原健招堂薬局(有限会社笠原) [ホームページ]

薬剤師 笠原友子

石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL:0767-42-2606

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

1.現在服用中の薬が分かるもの 2.最近の血液検査の結果 3.ご相談はご本人が※県外の大変遠方からご来店の方もおられます。ご来店の場合は相談のお時間をご予約下さ...

 
このプロの紹介記事
笠原友子 かさはらともこ

糖尿病に苦しむ患者を一人でも救いたい(1/3)

糖尿病に苦しむ人や、生活習慣病が治らずにお薬ばかり増えていく…といった悩みを抱える人たちから大きな信頼を寄せられている薬剤師が、能登半島の志賀町にいます。笠原健招堂薬局の笠原友子さんです。笠原さんはきょうも店頭に立ち、相談に耳を傾けながら人...

笠原友子プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

まちかどにある薬局で気軽に健康相談ができる敷居の低さが強み

会社名 : 笠原健招堂薬局(有限会社笠原)
住所 : 石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL : 0767-42-2606

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0767-42-2606

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠原友子(かさはらともこ)

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
肥満・糖尿病よりも薄毛対策が気になりますか?
イメージ

2月25日夜、石川県のマイベストプロの集まりに参加しました。名刺交換をしてご挨拶させていただいたのですが、私...

[ 糖尿病 原因 症状  ]

鼻炎薬以外の花粉症対策はご存知ですか?
イメージ

花粉症のシーズンがやって来ました。花粉症前線が活発化して来ています。思うだけでも鬱陶しい!と思う方...

[ 漢方薬・栄養補給 ]

高熱に好評の漢方薬があります。

インフルエンザが流行っていますね。高熱は体力を消耗しますから、一刻も早く下げたいものです。多くは熱さ...

[ 漢方薬・栄養補給 ]

「ホームページ」仮復旧しました!
イメージ

お待たせしました!笠原健招堂薬局のホームページは、昨年10月に完全破壊されておりましたが、ようやく仮復旧...

[ 日常の活動 ]

酒と、血糖値と、栄養と。からだの選択は2択です。
イメージ

新年会シーズンの中、忘年会から続く宴会続きに浮かぬ顔で検査値を眺めている方はありませんか?栄養バランス的...

[ 糖尿病・原因・栄養素不足 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ