コラム

 公開日: 2016-03-06  最終更新日: 2018-02-14

糖尿病の方にも安心して飲める鼻炎薬があります。

糖尿病の方が飲んでも、むだに血糖値を上げず、のども渇かず、鼻もツンと来なくて、眠くなりにくい鼻炎薬があるのでご紹介します。

拙著「糖尿病は栄養を取れば健康に戻る」の出版の際、お店に来られる患者さんや関係者176人にアンケートを取ったところ、高血糖の方の中に鼻炎持ちの方が多くおられました。

しかし市販の花粉症薬の中には、漢方薬も含めて血糖値や血圧を上げるものが少なくありません。
また、糖尿病患者さんの中には緑内障を併発している方も比較的多いのですが、これらの一般薬は、緑内障も悪化させる危険性があります。
自律神経の交感神経が緊張すると血糖値も血圧も上がりますが、市販の鼻炎薬には抗ヒスタミン薬のほかに交感神経作用薬が含まれている事が少なくないので注意が必要です。

市販の鼻炎薬の中には、アレルギーを抑える【抗ヒスタミン薬】、もしくはそれに類似の成分が非常によく使われています。これら抗ヒスタミン薬自体にも抗コリン作用と言って、よく知られた眠気のほかにも便秘・悪心・排尿障害・顔面紅潮・立ちくらみ・めまい・かすみ目・吐き気・食欲不振・胃部不快感・動悸(心悸亢進)・不整脈などの副作用が知られています。
成分をご紹介すると、
  ●マレイン酸クロルフェニラミン
  ●マレイン酸カルビノキサミン」=シベロン
  ●ポララミンなど

このほかに、鼻粘膜の充血やはれを抑え鼻づまりを楽にする成分として多くの鼻炎薬に配合されている【交感神経刺激薬】は、糖尿病や高血圧・緑内障の方には禁忌薬となっています。
成分をご紹介すると、
 ●塩酸プソイドエフェドリン、硫酸プソイドエフェドリン、塩酸フェニレフリン
 ●塩酸メチルエフェドリン、塩酸メトキシフェナミン
点鼻薬や目薬の中に入っている成分では
 ●塩酸ナファゾリン、硫酸テトラヒドロゾリン、塩酸テトリゾリン、塩酸フェニレフリン

交感神経刺激作用により、グリコーゲンの分解を促進して血糖値を上昇させるほか、インスリンの分泌を変化させ、血糖値のコントロールが困難になるおそれがあると言われています。また、末梢血管収縮作用や心機能亢進作用によって血圧を上昇させ、糖尿病の症状を悪化させるおそれもあります。
総合感冒薬や咳止めの中に配合されている場合もあるので、注意が必要です。

点鼻薬や目薬の中に入っている交感神経刺激薬は、ほとんどの点鼻薬に配合されています。
過剰使用は鼻づまりがかえって悪化することもあるので、点鼻薬の使用は鼻づまりがひどいときだけに限り、長期連用や安易な使用は避けたほうがいいでしょう。

【漢方薬】は安心安全と言う迷信があって、意外と病院の先生からも処方され、私が調剤をする時に医師への疑義照会の対象とする生薬成分にマオウ(麻黄)があります。
マオウ(麻黄)は、先にご紹介した交感神経刺激薬と同じ作用を持つエフェドリンを主成分とするため、血糖値のコントロールを困難にしたり、症状を悪化させるおそれがあります。
葛根湯や小青竜湯など多くの漢方製剤に配合されていて、総合感冒薬や鼻炎薬に配合されていることもあります。生薬成分ですが、一般の医薬品と同様の注意が必要です。

このほか最近の点鼻薬や湿疹・虫さされの薬の中にしばしば入っているのが【副腎皮質ステロイドホルモン薬】です。
内服ステロイドホルモンは血糖値を上げますが、この他外用ステロイドホルモン剤の長期間の使用により使用部位に感染症を引き起こしやすくなるおそれもあります。
喘息様の咳には第一選択薬として吸入ステロイドホルモン剤が使われます。最近、止まらない咳き込みで治療続けていた患者の中に、深在性真菌症とよばれる肺真菌症の治療を受ける患者をしばしば見ます。上気道や肺にカビが感染しているのです。
鼻も上気道の一部です。良く効くからと言って、むやみな薬の連用は避けたいものです。

副作用を少しでも少なく、辛い症状をスッキリ改善できると喜んで戴いている鼻炎薬があります。
抗ヒスタミン薬も入っていますが少量で、効果的にするために漢方生薬が配合されています。鼻周辺の血流と水分代謝を改善して、眠くならず、鼻がツンと来ず、のどが渇かなくて自然に鼻水が止まると好評です。
シーズン前の1月から服用すると、予防効果もあります。
価格は、4日分1,300円、10日分2,300円、33日分(100回分)5,000円。
今なら、33日分をお求めの方に、お友達用サンプルもご用意しています。
ご用命の際は、電話かメール、Faxで「漢方生薬配合の鼻炎薬を所望」 とおっしゃって下さい。
今年の春は、スッキリ爽やかに過ごせますよ!

鼻炎薬を使わずにその日から鼻炎を解消したい方は、鼻炎薬以外の花粉症対策はご存知ですか?

笠原健招堂薬局では体調の詳細を確認した上で対応しています。
ご相談→ご予約・お問い合わせ
HPは→笠原健招堂薬局
糖尿病でお困りの方へ⇒[[糖尿病は栄養をとれば健康に戻る https://www.amazon.co.jp/dp/4766785266

この記事を書いたプロ

笠原健招堂薬局(有限会社笠原) [ホームページ]

薬剤師 笠原友子

石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL:0767-42-2606

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

1.現在服用中の薬が分かるもの 2.最近の血液検査の結果 3.ご相談はご本人が※県外の大変遠方からご来店の方もおられます。ご来店の場合は相談のお時間をご予約下さ...

 
このプロの紹介記事
笠原友子 かさはらともこ

糖尿病に苦しむ患者を一人でも救いたい(1/3)

糖尿病に苦しむ人や、生活習慣病が治らずにお薬ばかり増えていく…といった悩みを抱える人たちから大きな信頼を寄せられている薬剤師が、能登半島の志賀町にいます。笠原健招堂薬局の笠原友子さんです。笠原さんはきょうも店頭に立ち、相談に耳を傾けながら人...

笠原友子プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

薬を使わず糖尿病の改善に取り組む薬剤師

会社名 : 笠原健招堂薬局(有限会社笠原)
住所 : 石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲63番地4 [地図]
TEL : 0767-42-2606

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0767-42-2606

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠原友子(かさはらともこ)

笠原健招堂薬局(有限会社笠原)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
鼻炎薬以外の花粉症対策はご存知ですか?
イメージ

花粉症のシーズンがやって来ました。マスクも鼻炎薬も使わずに花粉症自体を改善する方法があるのをご存知ですか...

[ 漢方薬・栄養補給 ]

糖尿病は飽食の時代の栄養失調
イメージ

なぜ薬を飲み続けても治らないのか?なぜ悪化し続けて行くのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?薬剤...

[ 糖尿病・原因・栄養素不足 ]

不足したビタミン・ミネラルの補給で高血糖状態改善へ
イメージ

シリーズ1)あなたが糖尿病になった原因は「栄養素不足」にあった!【糖尿病・原因・栄養素不足】の続きです。実...

[ 糖尿病・原因・栄養素不足 ]

肝臓に休息と栄養を! 肝臓の酷使が糖尿病を悪化させる

お盆が明けましたね。お盆が過ぎて、生活コントロール希望の患者さまのご来店が続きます。お盆・正月など、人が...

[ 肝臓に休息と栄養を! ]

栄養と糖尿病にかかわるあなたの日常をチェックしてみましょう

「糖尿病は、かならず栄養不足でなります」そう言われたら、「そんなバカな!栄養をとり過ぎたから、病気にな...

[ 糖尿病原因 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ