コラム

2015-08-31

秋口の腰の痛み

腰の痛みⅠ
特別、暑い夏が終わり、少しづつ涼しくなると、夏の疲れからいろいろな病気が現れます。
一つ目は、先月お話しした、膀胱炎です。これは、夏に冷たいアイスやジュースなどで身体を冷やしたり、その上寝ている時に足腰を冷やす為、発生します。
二つ目は、腰の痛みです。これも、尿道炎と同じような原因で発生します。
今回は、急性の腰の痛みについてお話しいたします。
日本人の男性のH22年度の国民生活基礎調査によると、
男性では「腰の痛み」が最も高く、次いで「肩こり」、「鼻がつまる・鼻汁が出る」、女性では「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」、「手足の関節が痛む」となっています。男性女性とも腰痛で困っている方が多い事がわかります。
今から、2300年~2500年前に書かれた漢方の原典で黄帝内経素問というものがあります。この中の痛みの条文の所に「風・寒・湿の3気が混じりて、合して痺(ひ)となるとあります。」 痺(ひ)とは、気血が巡らなくなりしびれや痛みが発生すると言う意味で使われます。
特に身体に不要な水分をもった人が、寒さに当たる事で痛みが発生します。
一番多いタイプの
①風寒湿タイプの腰の痛みについてお話しします。
胃腸にお水がたまると、ぐるぐると音がなったり、舌に白い苔がベターと表れてきます。この様な、身体に湿を抱えた人が、汗に濡れたままにシャツを替えないでいたり、雨の中で濡れたままでいると、腰のあたりに風寒という邪が侵入し、気血の流れを悪くさせる為に痛みが発生します。
症状)
腰が重だるく痛み、動作の初めに痛みが強く、動いているとその内、和らぐのが特徴です。その他、身体が冷えたり、膝がむくんだりします。
漢方薬)
寒を除き、湿をさばき痛みを和らげるヨクイニン湯を用います。
身体を冷やさないように寝るときは、長ズボンをはいて予防しましょう。
おすすめは、ヨクイニン30gに小豆30gを20分以上煮詰めてその汁を飲むと解毒作用と利尿作用がありむくみや痛みが和らぎます。
②ぎっくり腰
筋肉の緊張や、ねじれにより気血が通じなくなり痛みが発生します。
過労や疲労が重なり、ちょっと重い物を持ち上げようとしたり、体位変換によって突然腰に痛みが走ります。
症状)突然腰が痛くなり腰を動かす事が出来ず、くしゃみや咳などで痛みが引き起こされ局所に強く痛みを生じます。
漢方薬)
経絡中の気血を巡らし痛みを和らげる疏経活血湯を用います。痛みが強い時は芍薬甘草附子湯を加えます。
特に、夏に汗をかきすぎ、筋肉に栄養が回らず発生しているような場合は、天然塩の梅干しを朝方に食べておくと予防になります。

慢性の腰の痛みⅡ
慢性に経過する腰の痛みは、身体の内因が主体になって起こります。外からの環境因子など・・・いわゆる外因は引き金になったり、悪化させる要素になります。
内因で多いのが、腎虚です。
腎という臓が弱った時に腰の痛みが治りにくくなります。
漢方では、腎は、両親からもらった精(生きる為のエネルギーの元)を蓄える場所と考えます。この精を少しづつ燃やして人間は生きていると考えます。
また、「精が集まり髄に、髄が集まり脳になる。」とあり、骨髄や脳にとっては、腎は大事な臓になります。
その他、『腎は腰の府』と言われ、腎が弱ると腰も弱くなります。
腎虚にも、陽(エネルギー)が不足する腎陽虚と
     陰(潤い)が不足する腎陰虚があります。
①腎陽虚
腎虚の症状は、慢性的な腰の鈍痛があり、運動するとひどくなり、休むと軽減します。腰や膝に力が入らない、頭がふらつく・耳鳴りが現れます。
腎陽虚になると、この症状にエネルギーが不足し、下肢が冷える、寒がる、夜間排尿などが現れます。
漢方薬)
腎の陽気を補い腰を滋養する八味地黄丸に、腎精を補う鹿茸大補湯を加えます。

この様な、陽気の不足気味な方は、寝不足や過労を避け、暖かい物を中心に食べるようにしましょう。おすすめの食べ物は、黒豆・黒ゴマなど黒い物やギンナン・クルミヤマイモなど腎を補い老化を予防するものを毎日少しづつ頂きましょう。

②血瘀タイプ
ストレスが強く気血の流れが悪い状態であったり、冷えなどで気血が巡らない状態が続くと、血流が停滞し血瘀という不用な血が生じ、これが、腰の痛みを発生させます。
症状)固定性の刺すような痛みがあり、運動すると痛みが増加します。夜間に痛みが強くなるのが特徴です。また、痛みがずっと続く場合にも、血瘀が絡んでいる事が多いようです。
漢方薬)慢性に移行した痛みは、血流を改善し老廃物を除去することによって痛みを静める冠心逐瘀丹を用います。
食べ物として、ガスが溜まりやすくなるような、サツマイモ・空豆・かぼちゃなどを多く食べると気の巡りが悪くなります。巡りを良くする玉葱やニラなど食べると血の流れが良くなります。また、身体をやわらかくするストレッチも自分に合ったものを取り入れるのも良いと思います。

この記事を書いたプロ

有限会社かるみ薬局 [ホームページ]

薬剤師 川岸康男

石川県小松市西軽海町1丁目104 [地図]
TEL:0761-47-0123

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川岸康男 かわぎしやすお

開業40年の実績が生きる漢方相談(1/3)

石川県小松市西軽海町にある漢方専門薬局「かるみ薬局」の川岸康男さんは、漢方に携わって40年。その実績を生かしながら、不妊や皮膚病、自律神経失調症といったあらゆる症状に悩む人たちの相談に乗ってきた漢方薬のプロです。小松市の中心街から離れた...

川岸康男プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

幅広い症状に対応できる漢方専門薬局40年の開業実績が強み

会社名 : 有限会社かるみ薬局
住所 : 石川県小松市西軽海町1丁目104 [地図]
TEL : 0761-47-0123

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0761-47-0123

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川岸康男(かわぎしやすお)

有限会社かるみ薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
漢方生薬認定薬剤師がお勧めする、五十肩の改善薬

 五十肩 『五十肩』と俗に言われる疾患があります。特に自覚する様な原因もなく、40代や50代に発生する事か...

夜尿症と漢方薬

 子供に多い夜尿症 当店で、小児の相談で多いのが、夜尿症です。私のお店で、これまで、40年近く漢方相...

冷え症と漢方薬

 冷えは万病の元 冬になると、冷え症で困る方が多く見られます。男性と女性を比べると圧倒的に女性が多い症...

耳鳴り

 涼しくなると気になり始める耳鳴り 耳鳴りと漢方薬 Ⅰ秋になって、涼しくなると、本当は、眠りやすくな...

不眠と漢方

 不眠の定義 「満足すべき睡眠がとれない事」、これが不眠の定義です。ですから睡眠時間が短い人でも、本人が...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ