コラム

2016-09-01

「蒲 公 英」

「蒲公英」を何と読むか、ご存知でしょうか?
答えは、以下の写真です。



誰もが知っている、「タンポポ」です。今日はその「タンポポ」と、最近の異常気候について記したいと思います。

「タンポポ」は、もともと「鼓」を意味する言葉で、江戸時代には「鼓草」と呼ばれていました。

先日、幸流小鼓方で重要無形文化財総合指定保持者認定である,住駒幸英先生にお目にかかる機会があり、「鼓」についてお話を伺うことが出来ました。
鼓を打ち鳴らすと、「たん」と「ぽ」の2つの音しか出ないそうで、そこから「鼓草」がいつの間にか、「たんぽぽ」と呼ばれるようになって来たそうです。



ちなみにタンポポの茎を笛として吹くことを、「草笛」と呼ぶそうです。

「鼓」の両面に張られている「皮」は、全て「純日本製の馬の皮」だそうです。純日本製でないと「鼓」からは良い音が出ず、またその和馬の体からとれた皮の箇所の違いによっても、音が違うそうです。

農業の機械化などにより、純和製の馬が非常に貴重なものとなってきていることは当然のうえ、さらにその皮が馴染みよい音を出すまでに、100年以上かかるとのことです。30年前、50年前は、まだ駆け出しの「鼓」だそうです。
古いものでは室町時代に造られたものが一番音色を出すとのことで、その奥深さには驚くばかりです。

また、日頃の皮の手入れ、管理も大変なご苦労が必要とのことです。気温、湿度等が以前に比べ鼓にとって異常な環境状態となっており、住駒先生曰く「鼓が悲鳴をあげている」とのことです。

先日のこのコラムで「絶滅危惧○○」と寄稿いたしましたが、「鼓」も100年後には「絶滅和製楽器」と、なるのでしょうか?
「鼓がこの世から消える日」が来ないよう、「環境破壊」「地球温暖化」防止を、更に私達一人一人が積極的に取り組んでいく必要があると考えます。

この記事を書いたプロ

株式会社金沢テックサービス

上野峰喜

石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL:076-287-6444

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

33
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上野峰喜 うえのみねき

環境を改善して社会に貢献していきたい(1/3)

株式会社金沢テックサービスの代表取締役、上野峰喜さんは、人と地球に優しい環境機器のプロ。豊かな自然を後世に伝えていきたいという願いから、日々、業務に励んでいます。生まれも育ちも奥能登の旧宇出津町。そこには「美しい自然と水がごく当たり前のよ...

上野峰喜プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

製品だけでなく販売する人間の信頼性を大切にする経営理念が強み

会社名 : 株式会社金沢テックサービス
住所 : 石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL : 076-287-6444

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-287-6444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
生ごみ処理から地域貢献へ
イメージ

 「マジックバイオくん」 有限会社福光ワースフル(富山県南砺市一日市230)の舘田社長は、当社の食品資源リサ...

大自然保護へのお手伝い
イメージ

自然豊かな立山町に、国立立山青少年自然学校があります。この施設は、雲上3000mの立山連峰へ日帰りで行ける前...

いま注目の「立山モデル」 !
イメージ

この5月に富山市で先進7ヵ国(G7)環境相会合が開催され、それに合わせて5月26日付当コラムで「伊勢志摩サミットに...

共に、更なる高みをめざして
イメージ

先日、コマツNTC株式会社(南砺市) 総務部安全環境課調査役 田中克典様、有限会社福光ワースフル代表取締役 舘田宏...

巨匠は熱く語る
イメージ

先日、夏の暑い日でしたが数年ぶりに、大樋陶冶齊(おおひ とうやさい)先生のご自宅に伺い、色々なお話を拝聴してき...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ