コラム

 公開日: 2016-07-19 

「ごみが足りない !」 その2

今回は7月15日付のコラム「ごみが足りない ! その1」の、続きを掲載したいと思います。

7月2日に開催された石川県立大学・生物資源工学研究所シンポジウムの講演内容も参考にさせていただきました。




ほとんどの地域で「ごみの分別化」の取り組みが進んだ結果として、一般家庭から排出される可燃ごみに占める「生ごみ」の比率が、逆に増加傾向にあり重量ベースで平均約30%、多い地域では50%を超えるところもあるそうです。

この「生ごみ」の発生抑制、資源化への取り組みが進めば、家庭ごみの相当部分が削減できることになりますが、環境省、農林水産省の各発表では、家庭の生ごみの資源化率は残念ながら5~6%に過ぎないそうです。
その多くは焼却として処分されています。

生ごみの再資源化、特に堆肥化を先進的に取り組み評価を得ているのは、単に生ゴミを処理するだけでなく、再資源化を通じて、その地域の農業の再生に寄与しているからといえます。

この先進的取り組みの例として、このコラムでも、福光ワースフル社さん(南砺市)、金沢市熊走町地区(金沢市)、白山市立美川小学校さん(白山市)を、具体的に取り上げさせていただきました。

そのコラムは以下の通りです。
4月20日付  「生ごみ処理から地域貢献へ」
5月 6日付  「生ごみは、地域の宝物 !」
6月 7日付  「もうすぐ、あの花が咲く季節です」
7月 8日付  「陰で支えるに徹する」
(まだ、お読みでないようでしたら、ぜひお読み下さい)



いずれのコラムも多くの読者の方々より、数多くの「よかった!」をいただいており、生ごみ問題に対する関心の高さがうかがえます。

上述の地域に密着した「小さな循環システム」が、各地に広がっていけば、前回号で述べたように、焼却施設の維持や更新の為に、「ごみが足りない」という事態を回避できるかもしれません。
生ごみも「地産地消」の時代に入って来たのかもしれません。

日本人の生真面目さから、ごみの分別化習慣が当然となったように、その地域に密着した「生ごみの資源化」が、当たり前となることはそう遠くないような気がします。それには、その地域にあった知恵と創意を発信し、たとえ小さくとも、まずは第一歩を踏み出すことが必要だと思います。

次回は、このシリーズの最終号として、2022年以降の能登地区のごみ問題について、記載したいと考えております。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

株式会社金沢テックサービス [ホームページ]

上野峰喜

石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL:076-287-6444

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

175
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
常設展示
イメージ

弊社にて取り扱っております機器の常設展示をしております!是非、ご覧ください。#金沢テックサービス

お客様のご利用例
イメージ

①有限会社福光ワースフル様(富山県南砺市)http://mbp-ishikawa.com/kanazawa-ts/column/1872/②JA膳野菜様(福井県福井市)http://mbp-ishikawa.com/kanazaw...

 
このプロの紹介記事
上野峰喜 うえのみねき

環境を改善して社会に貢献していきたい(1/3)

株式会社金沢テックサービスの代表取締役、上野峰喜さんは、人と地球に優しい環境機器のプロ。豊かな自然を後世に伝えていきたいという願いから、日々、業務に励んでいます。生まれも育ちも奥能登の旧宇出津町。そこには「美しい自然と水がごく当たり前のよ...

上野峰喜プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

製品だけでなく販売する人間の信頼性を大切にする経営理念が強み

会社名 : 株式会社金沢テックサービス
住所 : 石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL : 076-287-6444

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-287-6444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
なぜか? 吉田羊さんと金沢
イメージ

最近、特に5月に入ってからこのコーナーのアクセス件数が、突出して増える日が何日か変則的に続いています。「...

なぜ その企業は生き残ったのか ?  池坊華道会(京都市)
イメージ

池坊華道会は、前回号の金剛組が創業した年より9年後の587年に、聖徳太子が四天王寺建立のための用材を求めて京都...

[ 各種支援業務 ]

新たな食糧問題
イメージ

いま国内外でミツバチの失踪や、大量死が発生しています。ミツバチは養蜂の他、花粉を媒介している農業生産に...

[ 当社の環境への思い ]

なぜ その企業は生き残ったのか ?  金剛組(大阪市)
イメージ

株式会社金剛組(大阪市天王寺区)は、日本最古の会社で創業は578年、1440年の歴史を持つ、世界最古の企業でもある。...

[ 各種支援業務 ]

スポーツで、街をきれいにする !
イメージ

「スポーツ」と「社会奉仕活動」を融合させた、日本発祥の新しいスポーツがあります。そのスポーツ名は「スポGOM...

[ 当社の環境への思い ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ