コラム

2016-07-15

「ごみが足りない !」 その1



いきなり世の中の趨勢と矛盾した標題となっていますが、詳しくは以下の通りにご説明いたします。

先日( 7月2日 ) 石川県立大学で開催された「生物資源工学研究所シンポジウム」に参加してきました。数多くの講演がありましたが、筆者は仕事柄「人口減少におけるごみ処理と資源化」のお話に、特に関心を持って拝聴させていただきました。



発表されたのは、同大学環境生物工学研究講師・工学博士の楠部先生です。
その講演主旨としては・・・

①2010年をピークに我国は人口減少期に入り、人口減少率が高い地域では40~50%の人口減が予想される。併せて高齢化が進むことにより、地方の自治体は税収と支出のバランスが今以上に逼迫したものとなり、地域住民には十分なサービスを提供維持することが不可能となり、最悪の場合には自治体の存続にかかわることも予想される。

②2000年以降、多くの地域でごみの分別化が進んだ結果、ごみの資源化が進んだ反面、ごみ処理サービスが多様化し、焼却ごみが減少している。この急激なごみ減少はごみ焼却施設の運用に大きな影響を与えており、施設を維持するための最低限のごみが確保できなくなる危険を含んでいる。要は、標題の「ごみが足りない ! 」となるわけです。

③更に深刻な問題として、直近10~20年の間にごみ焼却施設の60%以上が更新=立て直しを迎えることにより、今までの発想の延長での建設はできない。大幅な人口減を正確に検証し、地域事情に沿った具体的対策を行う必要がある。施設を維持する目安として、その地域人口は10万人以上、1日当たり100tの焼却ごみが必要になる。



このコラムをお読みになった方は、どのようなご感想、お考えをお持ちになったでしょうか? 
このままの流れでいくと、「人口減 → ごみ不足=焼却施設の維持や更新ができない」 という、最悪のシナリオも考えられます。

この「ごみが足りない!」は、3回のシリーズでご紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社金沢テックサービス

上野峰喜

石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL:076-287-6444

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

150
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上野峰喜 うえのみねき

環境を改善して社会に貢献していきたい(1/3)

株式会社金沢テックサービスの代表取締役、上野峰喜さんは、人と地球に優しい環境機器のプロ。豊かな自然を後世に伝えていきたいという願いから、日々、業務に励んでいます。生まれも育ちも奥能登の旧宇出津町。そこには「美しい自然と水がごく当たり前のよ...

上野峰喜プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

製品だけでなく販売する人間の信頼性を大切にする経営理念が強み

会社名 : 株式会社金沢テックサービス
住所 : 石川県金沢市進和町67番地 [地図]
TEL : 076-287-6444

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-287-6444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
生ごみ処理から地域貢献へ
イメージ

 「マジックバイオくん」 有限会社福光ワースフル(富山県南砺市一日市230)の舘田社長は、当社の食品資源リサ...

いま注目の「立山モデル」 !
イメージ

この5月に富山市で先進7ヵ国(G7)環境相会合が開催され、それに合わせて5月26日付当コラムで「伊勢志摩サミットに...

共に、更なる高みをめざして
イメージ

先日、コマツNTC株式会社(南砺市) 総務部安全環境課調査役 田中克典様、有限会社福光ワースフル代表取締役 舘田宏...

巨匠は熱く語る
イメージ

先日、夏の暑い日でしたが数年ぶりに、大樋陶冶齊(おおひ とうやさい)先生のご自宅に伺い、色々なお話を拝聴してき...

「蒲 公 英」
イメージ

「蒲公英」を何と読むか、ご存知でしょうか? 答えは、以下の写真です。誰もが知っている、「タンポポ」...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ