コラム

 公開日: 2016-06-04  最終更新日: 2016-12-06

中古住宅における火災保険の選び方



住宅を購入すると火災保険に加入する必要があります。それは中古住宅でも同じです。火災保険には、数十万円の保険料負担が求められるケースもあり、思った以上に高額です。しかし、補償内容を絞ることで、保険料負担の軽減を図ることができます。

中古住宅でも加入が必要な火災保険

住宅購入の際、加入する保険のひとつが「火災保険」です。保険は、みなさんの大切な住まいについて、建物と家財を補償してくれます。

火災保険で一般的な保険は「住宅保険」で、補償内容は火災、落雷、爆発、破裂、風、雨、ひょう、雪による災害など、基本的な項目について補償してもらえます。

ほかに、「住宅保険」より内容を充実させた「住宅総合保険」があります。
住宅総合保険災では、上記の住宅保険と同じように、落雷、爆発、破裂、風、雨、ひょう、雪による災害について補償してくれます。

住宅総合保険だけが補償してくれる内容として

■建物の外から自動車が飛び込んできたり飛行機が落下するなど、建物の外からの物体の落下、飛来、衝突、倒壊したとき。

■台所や浴室など水まわりの設備のトラブルや、他の人の部屋から漏水で損害を被ったとき。

■建物や家財が水害に遭い、その損害の時価額が30%以上の場合、保険金を受け取ることができます(通常は床下の浸水は対象外)。

■多人数による悪質ないたずら、ストライキなどで建物や家財が損害を受けたとき。

■ショッピングや出張、旅行に持ち出していた家財が、国内の災害で損害を受けたとき。

上記のような内容が挙げられます。

火災保険で必要な補償は何か検討する

ひと口に火災保険と言っても、前項でお話ししたように補償内容はさまざまです。
火災保険の保険期間は、数十年にも及ぶケースが一般的で、一度加入すると見直しが難しいものです。それに、保険の内容次第では保険料が跳ね上がり、多額の負担を余儀なくされるケースもあります。

多くの方が、さまざまなリスクに備えるために「住宅総合保険」に加入されているかと思いますが、見直してみると本来不必要な補償が含まれているケースもあります。

こうしたケースでは、無駄な保険料を支払っている可能性があり無駄が生じています。その場合は、本当に必要な補償に絞ることで保険料を削減することができます。

火災保険の選び方を理解する

火災保険について考えるときに大事なことは、「必要な補償は何か」を洗い出すことです。

例えば、海や川、山の近くに住んでいる場合、市街地の住宅街に住んでいる人とは補償内容が異なってきます。

海や川の近くの住まいであれば、台風や大雨などに見舞われた際の床上浸水などが心配でしょう。この場合、「建物」だけでなく「家財」の補償も充実させたほうがよいかもしれません。

一方、山の斜面など高台などにある住宅に住んでいるなら、床上浸水のリスクは低いかもしれませんが土砂くずれの被害に遭う可能性があります。

火災保険を選ぶときは、居住地の立地や気候、周辺にある建物や環境などを調べて、自分の家にどのようなリスクが予測できるかを考えましょう。

■立地
海抜、海や河川・崖までの距離、風の強さ、家が建っている土地が以前どういった土地だったのか(畑や田んぼ、川や池・沼などを埋め立てた土地など)

■気候
降雪量や降雨量、台風の影響など

■周囲の建物や環境
隣の家との距離や隣家の壁材の種類(耐火性かどうかなど)
交通量や事故・犯罪情報など

近年、補償内容を自分で選択できるタイプの火災保険が普及しており、検討を考えてみてもよいでしょう。とはいえ、どこまで削ってよいのか、素人ではわかりにくいものです。不動産会社ほか火災保険の専門家の知恵を借りるのも一案です。

この記事を書いたプロ

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス) [ホームページ]

宅地建物取引士 北岡勇介

石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL:076-282-9772

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
北岡勇介 きたおかゆうすけ

将来の資産性を考えた住宅購入を提案(1/3)

日本の住宅流通に占める中古物件の割合は欧米に比べて大幅に低く、根強い新築神話があります。これを逆転の発想で覆そうとしている人物がいます。金沢リノベ不動産の北岡勇介さんです。北岡さんは、「住宅を買うなら新築」という固定観念を打ち破り、将来的な...

北岡勇介プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

将来の資産性を考えて中古物件を見極めるFPとしての視点が強み

会社名 : 金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)
住所 : 石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL : 076-282-9772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-282-9772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北岡勇介(きたおかゆうすけ)

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中古住宅の建物診断義務化へ
イメージ

今後、新築住宅の供給数は頭打ちになる一方、中古住宅の供給数は増大する見込みです。中古住宅にはさまざまな...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

新築と比較して中古住宅の維持費は割高?割安?
イメージ

住宅購入の際、気になる必要のひとつが「維持費」。毎年どの程度維持にお金がかかるのか、不安なものです。中...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

図面がない中古住宅は買っても良い?
イメージ

図面が保存されていない中古住宅を頻繁に見かけます。このような中古住宅は、「購入しないほうがよい」といっ...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

抵当権付きの中古住宅は購入しても良いか?
イメージ

耳慣れない不動産用語のひとつ「抵当権」。「抵当権」とは、借入金などの返済原資として設定される担保権のこ...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

築25年以上の「中古住宅+リノベーション」での購入がお得な理由
イメージ

築25年以上の中古住宅は、比較的安い価格で手に入れることができます。汚れや傷みが目立つ内装や外装は、リ...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ