コラム

 公開日: 2016-05-31  最終更新日: 2016-12-06

中古住宅の瑕疵担保責任と瑕疵保険



中古住宅の場合、「瑕疵」は物件に実際に住んでからわかることがあります。住宅購入の際、契約書に売主の瑕疵担保責任について言及されていますが、責任期間が短いことも多々あり、重大な欠陥が見つかっても自分で補修を余儀なくされることもあります。このようなとき利用価値が高いのは「瑕疵保険」です。

中古住宅では「瑕疵」と呼ばれる欠陥に注意する

中古住宅選びには、さまざまなノウハウが必要です。

これまでこのコラムでは、購入前に住宅診断(コラムタイトル「中古住宅購入時に利用する住宅診断の概要」)を受けることや、内見時のポイント(コラムタイトル「中古住宅・中古物件の内覧・内見時の見逃してはいけないポイント」)などについて解説してきました。

中古住宅の場合、新築住宅と異なり、老朽化などが問題となります。
老朽化しているかどうかは、建築の素人ではわかりにくくなっています。そのため、中古住宅の検査には念を入れるべきです。

欠陥などがあった場合、売主が賠償責任を負う「瑕疵担保責任」とは

中古住宅の欠陥や問題のことを「瑕疵」と呼んでいます。「瑕疵」とは、一言で言えば住まいが負っている傷のことです。

そして「瑕疵担保責任」とは、不動産の売買契約をした物件に、購入したときにはわからなかった隠れた瑕疵があった場合、売主が買主に対して契約解除や損害賠償などの責任を負うことです。
売主によっては、少しでも高く売却したいという気持ちが働き、こうした「瑕疵」を意図的に隠すケースがままあります。そのため、法律では「瑕疵担保責任」を売主に課しています。つまり、重大な瑕疵が見つかった場合は売主は賠償責任を負うことになるのです。

買主が、売主に対して瑕疵担保責任を追及できる期間は、買主が瑕疵を知ったときから1年とされています。

しかし売主も知らなかった瑕疵について、「見つかった時点でいつ何時、買主から賠償請求をされるかわからない」といった状況、すなわち「売った家に対して、いつまで賠償責任を負わなければならないの?」といった不安定な状態に売主が陥る恐れがあります。

そのため、瑕疵担保責任を負う期間について、売主が個人の場合は「引き渡し後○カ月」というように、賠償責任を負う期間について決めることができます。
また、物件が古く建物にほとんど価値がないような場合、買主が購入後にすぐに建て替えをする場合などは、売主が瑕疵担保責任を負わないような契約になることもあります。

なお、売主が不動産業者の場合は、買主が瑕疵担保責任を追及できる期間は引き渡しの日から2年とされています。

欠陥を補償してくれる「瑕疵保険」を利用して万が一に備える

買主の方が、自分の家を自分で守るために加入できる保険があります。それは「瑕疵保険」です。

「瑕疵保険」とは、万が一、雨漏りなどの構造的欠陥などが見つかった場合、補修費用を補償してくれる保険のことです。この保険に加入しておけば、瑕疵が見つかっても慌てずに済むでしょう。
この保険では、契約により異なりますが、500~1000万円最長5年間の保証を受けられることが最大のメリットと言えます。
中古住宅・中古物件購入のメリット・デメリットや魅力
中古住宅のリノベーションなど付帯業務をワンストップで受けられ
保険契約では、屋根や排水管、壁、土台など保証の対象となる家の部分を決め、検査会社を通し検査に合格することが必要です。
購入しようと思っている中古住宅について問題がないかどうかを検査してもらえるので、買主の方にとって心強いものとなります。

保険は、「住宅瑕疵担保責任法人」と契約を結ぶことになります(検査会社は建築事務所などが該当します)。

この記事を書いたプロ

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス) [ホームページ]

宅地建物取引士 北岡勇介

石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL:076-282-9772

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
北岡勇介 きたおかゆうすけ

将来の資産性を考えた住宅購入を提案(1/3)

日本の住宅流通に占める中古物件の割合は欧米に比べて大幅に低く、根強い新築神話があります。これを逆転の発想で覆そうとしている人物がいます。金沢リノベ不動産の北岡勇介さんです。北岡さんは、「住宅を買うなら新築」という固定観念を打ち破り、将来的な...

北岡勇介プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

将来の資産性を考えて中古物件を見極めるFPとしての視点が強み

会社名 : 金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)
住所 : 石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL : 076-282-9772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-282-9772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北岡勇介(きたおかゆうすけ)

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中古住宅の建物診断義務化へ
イメージ

今後、新築住宅の供給数は頭打ちになる一方、中古住宅の供給数は増大する見込みです。中古住宅にはさまざまな...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

新築と比較して中古住宅の維持費は割高?割安?
イメージ

住宅購入の際、気になる必要のひとつが「維持費」。毎年どの程度維持にお金がかかるのか、不安なものです。中...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

図面がない中古住宅は買っても良い?
イメージ

図面が保存されていない中古住宅を頻繁に見かけます。このような中古住宅は、「購入しないほうがよい」といっ...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

抵当権付きの中古住宅は購入しても良いか?
イメージ

耳慣れない不動産用語のひとつ「抵当権」。「抵当権」とは、借入金などの返済原資として設定される担保権のこ...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

築25年以上の「中古住宅+リノベーション」での購入がお得な理由
イメージ

築25年以上の中古住宅は、比較的安い価格で手に入れることができます。汚れや傷みが目立つ内装や外装は、リ...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ