コラム

2016-05-07

中古住宅購入における住宅ローン減税とその利用条件

中古住宅購入における住宅ローン減税は、どのような条件で利用できるのでしょうか。控除期間が10年にも及ぶのがこの減税の特徴で、メリットが大きいだけにぜひ利用したいもの。適用条件をひとつずつ確認していきましょう。

中古住宅でも住宅ローン減税は適用になる

たとえ中古住宅であっても、住宅ローンで購入した場合、住宅ローン減税を受けることができます。
増改築やリフォーム、例えば近年注目を集めているリノベーションでも減税を受けることができます。

このコラムでは、中古住宅購入における住宅ローン減税の内容と利用条件について解説します。

「住宅ローン減税」とは所得税を控除する制度

「住宅ローン減税」とはどういうものでしょうか。「住宅ローン減税」とは、「住宅ローンの年末残高に控除率を乗じた金額を所得税から控除できる制度」のことです。

一般住宅の場合は、控除期間は10年にも及ぶため、諸条件が合致するなら利用したいものです。控除率は1%と低いものの、住宅ローンの年末残高が高ければ高いほど減税となります。

年間最高控除額は40万円、10年間の合計最高控除額は400万円です。居住年は、平成26年4月1日から平成31年6月30日です。

住宅ローン減税を利用するには種々の適用条件を満たす必要がある
住宅ローン減税の内容について理解したところで、適用条件について見ていきましょう。

主な条件は4つです。
一つ目は「住宅ローンの返済期間が10年以上であること」です。これは、控除期間が10年であるため、それより短い期間は適用できないということです。

次に住宅ローンの残高が必要です。上述したように、住宅ローンの年末残高に控除率を乗じて控除額が算出されますので、当然「年末に住宅ローンの残高があること」が条件となってきます。

三つ目は「住宅取得・増改築した日から6カ月以内に居住し、その年の12月31日まで居住していること」です。

最後に「控除を受ける年度の合計所得が3000万円以下であること」です。これらは、いわば「人」に対しての適用条件です。

購入する物件について

住宅にも別途適用条件がありますので、見ていきましょう。

「登記簿上の専有面積が50㎡以上でること」「床面積の2分の1以上が自己居住用であること」「取得する建物が耐火建築物の場合は築後25年以内であること」「木造など非耐火建築物の場合は築後20年以内であること」

そして、耐震性能を有していることも要件に含まれます。新築の住宅は、現行の建築基準法に基づいた耐震性能がありますが、中古住宅は、建てられた年代によっては現在の耐震基準を満たしていない可能性があります。しかし、住宅ローン控除を受けるためには耐震性も求められているため、次のいずれかの要件に適合することが必要です。

「耐震基準適合証明書(建物が現行の耐震基準を備えているかを証明するもの)」
「既存住宅性能評価書(住宅の品質確保の促進等に関する法律・品確法に基づき、住宅の性能評価を表したもの)」
「既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書(建物に瑕疵が合った場合、それを保証する保険に加入していること)」

私どもでは、こういった証明書等の取得についてもサポートしておりますのでご相談ください。

この記事を書いたプロ

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス) [ホームページ]

宅地建物取引士 北岡勇介

石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL:076-282-9772

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
北岡勇介 きたおかゆうすけ

将来の資産性を考えた住宅購入を提案(1/3)

日本の住宅流通に占める中古物件の割合は欧米に比べて大幅に低く、根強い新築神話があります。これを逆転の発想で覆そうとしている人物がいます。金沢リノベ不動産の北岡勇介さんです。北岡さんは、「住宅を買うなら新築」という固定観念を打ち破り、将来的な...

北岡勇介プロに相談してみよう!

北陸放送 マイベストプロ

将来の資産性を考えて中古物件を見極めるFPとしての視点が強み

会社名 : 金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)
住所 : 石川県金沢市鞍月4丁目51番地 [地図]
TEL : 076-282-9772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-282-9772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北岡勇介(きたおかゆうすけ)

金沢リノベ不動産(有限会社レンテックス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中古住宅の建物診断義務化へ

今後、新築住宅の供給数は頭打ちになる一方、中古住宅の供給数は増大する見込みです。中古住宅にはさまざまなメリ...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

新築と比較して中古住宅の維持費は割高?割安?

住宅購入の際、気になる必要のひとつが「維持費」。毎年どの程度維持にお金がかかるのか、不安なものです。中古住...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

図面がない中古住宅は買っても良い?

図面が保存されていない中古住宅を頻繁に見かけます。このような中古住宅は、「購入しないほうがよい」といった声...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

抵当権付きの中古住宅は購入しても良いか?

耳慣れない不動産用語のひとつ「抵当権」。「抵当権」とは、借入金などの返済原資として設定される担保権のことで...

[ 中古住宅 購入 知識 ]

築25年以上の「中古住宅+リノベーション」での購入がお得な理由

築25年以上の中古住宅は、比較的安い価格で手に入れることができます。汚れや傷みが目立つ内装や外装は、リノベ...

[ 中古住宅 基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ